最後のステップ

どういう話の流れでその話になったのか全く覚えていないのですが、
先月の野口裕也さんのグループセッションで、
「『そこ』へ至る最後のステップは、自分が最も許せないと思う罪を犯すことです」
と教えていただきました。

「そこ」について、彼が悟ると言ったか、覚醒すると言ったか、
はたまた全く違う表現だったかもすっかり忘れてしまったけど、
私のなかでは「そこ」と要約されたわけです(笑)

それを聞いて、自分にとって最も許せない罪ってなんだろう?と、考えてみました。

最初は殺人とか放火とか、所謂「犯罪」を思い浮かべていたのですが、
ふと、ある本で読んだ話を思い出しました。

(以下引用)
年老いた高僧は、お気に入りの弟子の中でまだ悟りを開いていない者がいることに気付きました。
この弟子は高僧と30年も行動をともにしていて、身も心も高僧に捧げ、
修行を積んでいるにもかかわらず、精神の高みを経験する事がありませんでした。
ある日、高僧は弟子に言いました。
「私はこれから巡礼の旅にでるが、お前もついてくるがよい」
二人は山里離れた山の中を何キロも歩きました。
何日も、何週間も歩き、ついに一ヶ月が過ぎましたが二人は歩き続けました。
ある日、高僧は立ち止まり、遠くに見える丘を指差してこう言いました。
「あの山頂が見えるか?」
そのとき頂上を覆っていた霧が晴れ、
太陽を浴びて燦然と輝く大きなお城がそびえたっているのが見えました。
「はい、見えます」
「前世の多くの人生で、お前はずっと自分の家を渇望してきた。
そしてその願いはいまだ叶えられていない。
この欲望がお前を縛る最後の糸であり、終わりのない至福に至る道を阻んでいるのじゃ。
これまでわしがお前に与えた修行のどれも、その深い欲望を解く事ができなかった。
つまりこれを解き放つには満たしてやるしかないということじゃ。
あの家がお前の家じゃ。行って所有するがよい」
そう言われた瞬間、弟子は悟りを開いたのです。
(引用おわり 前世ソウルリーディング ジャン・スピラー著 徳間書店より)

そうか!
自分が最も許せない罪とは、この世で「悪い事」と言われているような事ではないかもしれない。
もしかしたら、お金持ちになるとか、自分のしたいことをするとか、
幸せなるというようなことかもしれない。
以前の記事にも書いたけど、楽しむことが罪だと思っているのかもしれない。
http://wonderfulworld888.blog.fc2.com/blog-entry-77.html
そして、そう思っている人は案外たくさんいるのかもしれない。
と思って、随分時間が経ってしまいましたが、改めて記事にしてみました。

私たちは、しあわせになってもイイのだーーー(^0^)/

a0356022_14365387.jpg
[PR]
by satokowphoto | 2013-12-03 00:00 | 今日の小さなシアワセ | Comments(0)