新しい靴をはいて

昨日は以前から気になっていた、山崎直美さんの
リアル・教えて真理さん:グループリーディング&シェアリング会へ行ってきました。
超ラッキーなことに、なななんと参加者は私だけ。
2時間直美さん(&真理さん)を独り占めしてきました〜(笑)
フェイスブックのお写真からは物静かな方を想像していたのですが、
初めてお会いした直美さんはよく笑うとても元気で知的な女性でした。

私が直美さん(&真理さん)に聞いてみたかったのは、
「いったいどうすりゃいいのさ!」ということ。

かれこれ10年以上、自分の心のなかと向き合ってきて、
最近はだんだんと穏やかな日々を過ごせるようになり、
やっとこれから自分がやりたかったことを思いっきりやる時がきたのだ!
と思っていたのですが、どうも「さ〜てやるぞ!」と思った矢先に「ぼこっ」と
障害物が地面からはえてくる。
ではこちらから、と思うと、そこにも「ぽこっ」。
そんならこっち!といくと、また「ぼこ」「ぽこっ」っと。
それら障害物はどれも頑張れば越えられないことはなさそうだけど、
頑張って越えてまでやりたいか?と思ったら、案外どうでもよいかも?と思えてきた。

例えばそれをやらずに死んだとして、後悔するだろうか?と考えてみても、
たいして後悔しそうにない気がする。
よく知っている土地のはずなのに、だんだん霧が立ちこめてきて、
カーナビも壊れちゃった、、、みたいな気分になっていたのですが、
直美さん(&真理さん)の私の質問にたいしてのユニークなお答えを聞いているうちに、
いつの間にか霧は晴れ、気付いたらカーナビも最新式になっていたような気分です。
いや〜、行ってよかったです。

長い事、子供もいない専業主婦という自分の心に向き合う時間がたっぷりある生活をしてきたので、
たくさん本も読んだし、勉強もしたし、だいたいの悩み事への「模範解答」はわかっているつもりでした。
知識としてはわかっていたつもりだったけど、やっぱり知識は知識。
会って話す。
一緒に笑う。
同じ時間と空間を共有するって大切だなと思った2時間でした。

先日、ある方に「じゃあ、どうなればあなたは満足なの?」と言われて、
よくよく考えてみたのですが、「夜、眠りにつくのがもったいないと思い、
次の朝目覚めるのが楽しみでしかたない人生を送りたい」と思いました。

そうそう、そうだよ。
行ってみたい所とか、今まで食べた事のないくらいおいしい物が食べてみたいとか、
もっといい暮らしがしたいとか色々あるけど、寝食を忘れるほどわくわくする時間を過ごせることが、
私の最後の願いです。多分。
昨日の夜は、久しぶりに今日起きるのが楽しみでした♪

まだ日中は暑い日が続いていますが、朝晩はすっかり秋めいてきたせいか、
数日前から秋冬用の新しい靴が欲しいな〜と思っていました。
会場の恵比寿へ向かう前に、ちょっと靴屋さんをのぞいてみたら、
私の好みの靴が目の前に。
軽くて柔らかくて履き心地もばっちり。
お財布にもうちょっと余裕があれば、色違いでもう一足ほしいくらい。
でもとにかく気に入っています。
この新しい靴をはいて、新しい自分を歩いてみようと思います。
[PR]
by satokowphoto | 2013-09-20 00:00 | 今日の小さなシアワセ | Comments(0)