ほぼお花の写真。バラ多めです。


by satokow

カテゴリ:クンルンネイゴン( 2 )

クンルン効果 その2

a0356022_13583315.jpg


珍しい黄色いクリスマスローズです


最近、電車に乗っていて「退屈だな〜」と思う事が時々あるようになりました。
以前は全くといっていいほどなかったのに。

ここ数ヶ月の電車での移動時間は、
レッドフェニックスと「お金にモテる秘訣」に書いた呪文を繰り返すのと、
腹式呼吸の時間にしている。
だから案外忙しいはずなのに、時々「あ〜、退屈だな。早くつかないかな」と思うのです。

ちなみに私はいまだにガラケーなので、電車の中で携帯はほとんど見ません。
なんで?と考えてみたら、、、
どうやら私の思考が少し落ち着きをみせてきたらしい。

そう。以前は常に思考が忙しく、あれも、これも、それも、どうでもいいことまで、
というかほとんどどうでもいい事ばかりぐるぐる考えていた。
だから退屈したことはなかったけど、エネルギーは激しく消耗していたんだな〜。
いっつも疲れていたのは、身体のせいだけじゃなかったんだな〜。
と実感。

そして、これももしやクンルン効果ではないのか?
多分そうだよね。
クンルンの効果はどこまでも地味だな〜〜〜。
地味で本当に気付きにくい。
でも、そう容易く変えられないようなことをいつの間にか変えているような気もする。

やっぱり好きだな、クンルンネイゴン。
[PR]
by satokowphoto | 2014-01-22 00:00 | クンルンネイゴン | Comments(0)

クンルン効果

a0356022_1571142.jpg





ちょっと時間が経ってしまいましたが、
10月の3連休を利用して信州へいってきました。

最初の目的地は「蓼科 バラクラ イングリッシュガーデン」
友達が春に行ってとてもよかった!秋に一緒に、、と言っていたのですが、
彼女が忙しくなってしまったので、オットに車で連れていってもらいました。

が、これがかつてないほどの期待はずれでして、、、
しかも入園料は1400円!(笑)
バラは春にしか咲かない品種がほとんどのようでほぼなし。
ダリアや小菊が少しとトリカブトが綺麗に咲いていましたが、
園内は閑散としていました。
行かれる方は、断然春をおすすめします(^^)

そんなわけでバラクラを早々に退散して、
眺望が素晴らしいという美ヶ原高原を目指しました。
車酔いしやすいルークも、まがりくねる山道をなんとか耐えてくれ
無事到着したものの、お目当ての絶景は霧がかかってぼんやりとしか見えず、
しかもものすごい風!
で、すんごく寒い!
薄手のダウンを持って行っていたのですが、それでも寒い!
早々に美ヶ原も後にすることとなりました。

そして、急な坂道を下りながら、いきなり出だしからがっかりが続いたのに、
不思議なくらいがっかりしていない、
むしろ上機嫌でその体験を楽しんでいる自分に
ちょっとびっくりしていました。
特にバラクラは楽しみにしていた分、もっとがっかりすると思ったのに。。。
これって、もしかしてクンルンネイゴンの効果かな?
そんな事を考えながら、次の目的地である安曇野へ。

実は安曇野の道の駅で初めてのシャチュウハク(車中泊)に挑戦するのが
今回の目的のひとつでした。

夏にまた車を買い替えて、今度はフリード スパイクになったのですが、
この車は後部座席を倒すと完全にフラットな空間ができます。
そこへマットをひいて寝袋で寝る作戦。

実は私、そうは見えない!とよく言われますが、意外に神経質で、
誰が入ったかわからないので温泉は嫌いだし、
虫も怖いのでキャンプもしたことないし、
だいたいなんで地べたで寝なくちゃいけないの~?くらいなかんじだったので、
寝袋すら初体験。
ちなみに掃除してあるはずのホテルのバスタブでも、
じぶんで軽く掃除してからお湯をはります。

そんな私が車中泊できるのか、かなり心配ではありましたが、
アウトドア好きのオットが至れり尽くせりの準備をしてくれていました。

一番心配していた道の駅のトイレも、入り口に自動ドアがついていて
中に虫が入らないようになっていたし、お湯はでませんでしたが、
外気温7度の寒い朝でも凍るような冷たさではありませんでした。

昔は温泉嫌いなくせにお風呂に入らないのも嫌だったんですが、
今回は一日くらい入らなくてもへ~きっ!と思えたし、
まぁ熟睡とはいきませんでしたが、ちゃんと眠れました。
なんだか私、ずいぶんと昔にくらべて生きやすくなっている!
やっぱりこれはクンルン効果だよね〜〜〜?!

クンルンネイゴンとはマオシャン派の寺院に伝わる秘伝の錬金術だそうです。
興味のある方はリンク先をご覧ください。http://everhearth.blog.fc2.com/

今年の4月にそのクンルンネイゴンのクラスに週1回×4回通いました。
クラスが終った後も3ヶ月くらいは集中して続けたほうがいいです
といわれていて、その通りにしたのですが、
6月あたりから色々なネガティブな感情が次々にこみ上げてくるようになり、
精神的にしんどいな~というのが3ヶ月くらい続きました。
ピーク時はあまりに辛くて、もうやめたいと思った事も正直ありました。
始める前も若い頃に比べれば、そこそこ落ち着いていたし、
もういいから始める前にもどしてほしいとすら思いました。
だって、全然「いい事」はなかったし、辛かった事もクンルンのせいとは限らないけど、
どっちにしろ「ご利益」を感じられなかったから。
一度だけ体調が悪いときに実践してみたら、
あくびとかゲップが一気に出て急にすっきりした
という経験がありましたが、
それ以外にはこれまで確かな変化を実感できる機会はありませんでした。
しかし何故かやめる気にはならず、何日か続けて休むことはあっても、
なんとか今日まで続けています。

それがスタートから約半年、やっと今回の旅行で
「あ、私は変わった」という実感がありました。
これが100%クンルンネイゴンの効果かどうかはわかりませんが、
私は恐らくそれが大きいのではないかという気がしています。
多分、大きな変化をもたらすものほど、ゆっくりと、
そして微細な変化の積み重ねで、効果を実感しにくいのかもしれません。
あ、始めてすぐに浄化されているのを実感したとおっしゃってる方もいたので、
私が鈍いだけかもしれませんけど~(笑)

それから、最近お店などでスタッフの方に親切にしていただいたり、
丁寧に対応していただくことがとても増えました。
以前は忘れられたり、順番をとばされたりってことがよくあったんですけどね。
きっとそれは自分で自分を粗末に扱っていたからだと思います。

これは一見、クンルンとは直接関係なさそうなのですが、自分を癒す事で、
自分を大切にできるようになるんじゃないかという気がしています。
癒そうと思った時点で、自分を大切にしてるといえるのかな。

ところで、初めてクラスでクンルンネイゴンのポーズをとったとき、
何故かわかりませんが、お腹の底からヨロコビがこみ上げてきました。
おもわずニコニコせずにいられないくらい。
たしか2日間くらい断続的にそのヨロコビに浸りましたが、
生まれたばかりの赤ちゃんはいつもあんなかんじなのかな?と思ったりしました。
もしかして、クンルンを極めると、常にあのヨロコビに包まれていられるとか?
頑張って極めたい!とも思えないのですが、せっかく出会えたので、
ゆる〜く続けていきたいと思っています。
、、、、そう。せっかく出会えた。
私はとても大切なものに出会えた、と思っています。
そして、これからどんな風に自分が変わっていくのか、
とても楽しみになりました。
[PR]
by satokowphoto | 2013-11-02 00:00 | クンルンネイゴン | Comments(0)